あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

温かな景色・忘れられない日

丘陵の側面に建てられた寮の門前に停めてあるのは父の白いコロナだ。
東北の片隅を朝6時30分頃に出発して、ようやく到着したところ。トランクには寮で使う布団一式が入っている。時刻は夕暮れには少し間がある15時頃だっただろうか。
素晴らしくよく晴れた僕の記念すべき上京初日。
寮監督(後に寮生達からは略称で「寮監」と呼ばれていたが)に挨拶した父と僕は、練習館を見学するために棟の後ろ側ドアから丘に沿って上る通路を歩いて行く。練習館は一部屋にアップライトを押し込めて、自分が座るとスペースは殆ど無いほどの狭さで、父は「これはまるで独房だな」とブツブツと呆れる。その独房が左右にそれぞれ10部屋程度用意されていただろうか。結局ここで1年間、音大に入るために自問自答することになるのだけれど。
何しろ、僕はすっかり圧倒されてしまい早々に立ち去りたい気持ちで溢れかえっていた。練習館を後にして坂を下りて来ると、途中で同じく見学に来たらしい母親と青年が歩いて来た。父はその母親と立ち話をしていたが、その時どっしりとした体格の彼が寮監督に向って「あの、、練習してもいいですか?」と切り出した。上京して早速微かな敗北感を味わうことになり「こういう積極的な態度って音楽家には必要な要素なのかしら?」と妙に心がざわついた覚えがある。
僕の寮生活は1年だった。
この音楽院に入る直前に受けたソルフェージュのテスト、つまり聴音とか新曲視唱、楽典等の結果はヒジョウに分かりやすく全て一番下位。スピードスケート・高木美帆さんの最初のオリンピックと同じである。その後の面接で聴音の点数「4点」の内容を聞くと「可哀想だったので小節線を書いた点数をあげたよ」と言われたのを憶えている(笑)
そして「この1年一度のグレード分けテストでは君のようなタイプが数人いるんだよね。でもここで1年持ちこたえればS音大くらいには入れるから、、」と伝えられた。もう何が何だか分からない世界。結局このグレード制を採用する最低ライン・Eクラスからスタートした僕は、夏休みで帰省した頃には、しっかりと10円ハゲを作っており(円形脱毛症)田舎の床屋さんを驚かせました。
ピアノ科でEクラスという話は希である。現在のことは知らないけれど、当時ソルフェージュの成績は専攻によってキレイに分かれていた印象です。大変失礼で申し訳ないのだけれど、下に集合しているのが管楽器と声楽の連中だろうか。少し上がって、管楽器でも少しばかり優秀な生徒、そして全体の真ん中レベルにあたるCクラスにピアノ専攻が多く、A/Bという教える側の先生の間違いをバカにするレベルがバイオリンなどの弦楽器専攻と作曲科志望というところだったと思う。ただ作曲に関して何となく分かると思いますけれど、見事にどのクラスにもまんべんなく散らかっており、楽器専攻とは異なるスタンスであることが分かる状況となっておりました。僕がもっとも恥ずかしかったこと。それは自分のピアノがあまりに初歩の段階であり、周囲からピアノが副科だと思われていたことです。副科とは例えばトランペットとか声楽などでもピアノは必須ということで、まあこれで音大を不合格になった!と言う話は僕は聞いたことはありませんが、要はソナチネ簡単なソナタを弾ければOKというレベルです。器用なタイプならこのピアノのレベルは1、2年もレッスンしていれば達すると考えられます。しかし、僕はあまりにピアノが下手でしかも当時さらっていたエチュードチェルニー40番だったところから完全に副科のピアノで、他に専攻があると思われていたのですね(笑)これはヤバかった!!僕が本当はピアノ科であることが認められたのは、おそらく秋から冬にかけてです。自分を担当してくれた先生が素晴らしかった。恐ろしく厳しかったですが、それでも僕の駄目ピアノを最後まで見捨てることはありませんでした。今でも頭が下がったままです。こうして僕の場合、先生運だけは良いのです。そういうことで僕は何が何だか分からないうちに音大ピアノ科に入ったのでした。その後は色々なところで付焼き刃がバレてエライことになりましたが、この18歳の1年間は得難い経験をさせていただいと思っております。それにしても当時の自分が不思議です。根拠のない自信をどうして持ち続けられたのか?
それは、おそらく寮生達が皆音大受験という同じ目的を持って励まし合っていたからだと思います。それは温かく、大らかな世界でした。音楽に邁進するための環境ということでしょうか。
今でも父と寮の玄関に立っているところを思い出します。左脇に名札がぶら下がり、不在時は、ひっくり返すのがルールでした。名前の下に専攻が分かるように例えば、トロンボーンなら「tb」、トランペットなら「tp」そしてピアノなら「p」と表記しております。遠い昔に寮はなくなりましたが、あの上京初日の景色はしっかりと心に刻まれています。