あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

恒例ライブ当日日記/高円寺ペンギンハウス

ライブ当日、欠かさず日記を書いております。
意外に信心深いので、これを止めると大失敗をやらかすのではと思うのです。
半ば強制的に、、と言う感じすか。
今日のライブは四ッ谷でも本郷三丁目でも、そして吉祥寺でもない高円寺です。
昔はこのペンギンハウスさんはホームグランドでした。
FLAT122というバンドの頃ですから、もうずっと昔です。
このバンドには昨年までは大変な入れ込みがありましたが、流石にメンバーさんがスケジュール的に無理というのであれば、割り切るしかないのであります。
ただ、先だってのニールスさん(仏ギタリスト)のゲスト参加のように、ギターが入って、しかもそれが正式な加入であったりすると、FLAT122として活動する可能性はあります。
さて本日ライブはアップライトピアノを弾きます。アップライトでライブというのは、このペンギンハウスに於いて何度か経験がありますが、これまでの印象では決して悪くないです。むしろグランドを弾いて上手く行かなかった(音響的に)ケースと比較すると、ずっとマシ。
今日は、かなり気軽な気分です。
しばらく、調子の上がらなかった胃の具合もよくなり、これなら腹筋力でピアノに向えそうです。
パワーのあるリズム隊なのであとはモニター環境だけでしょうか。
演奏は、とにかく鍵盤を底までしっかり押し下げる。躊躇せず、例え間違った音でも、とにかく底までガツガツと弾き切ることを念頭におきます。
それはフォルテであっても、ピアニッシモであっても同じく。
また、音数を絞り込み、ベースとのラインの描き方、構築性を重視し、気持ちだけで持って行かないことを注意します。
これは12月10日にライブが決まっている東京倶楽部本郷店につながるもので、特に大切なことです。
12月10日ライブも生ピでこちらはヤマハのC3が用意されているので、本日ライブが終わっても気持ちを緩めないで、年末ライブへと切り替えて行きたいと思います。

ことし4月28日からスタートしたピアノトリオライブは5回ということになりますが、思いの外、活動出来たと思います。

願わくばもう少し聴いてくれる音楽ファンを増やして一定の評価を得たいものです。
今日のライブは、ご来場されるお客様としてはこれまでと違う層ではないかと予想しておりますので、こうした時はチャンスなのです。

頑張って演奏します♬