あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

久しぶりの夜リハから帰宅

f:id:ktg0912:20170925013202j:plain

左写真は、シンセを再セッティングしているところです。こうして縦に置いて、背中を上にし一気に配線を済ませてしまう。でないと疲れ果てて何時までもセッティングしないということになる。こんな時、R-3で良かったなぁ、、と思います。小型、軽量で他のモデルを大きく引き離して標準鍵盤でありながら2.8kgしかない。片手でひょいっと持ち上げることが出来る。
さて、ようやく先ほど夜のリハーサルから帰ってまいりました。やはり夜に町に出てハードなリハを敢行するというのは年寄りにはキツイです。しかし、その内容の充実ぶりは、なかなかのものでした。
各作品の演奏力が格段に上がっており、また新しく投入した「真冬のTV塔」これは元々はクラリネットフロントのKTGのために書いた作品でしたが、これを白紙からやりなおし、コンパクトでリズムを強く押出すように7/8・13/8拍子をジグザクに使い、ベースソロとドラムソロを組み込んでおります。少しだけ全体をなぞってみましたが、次回リハーサルで仕込めば10/22ライブには間に合う感じです。
また、譜面を捨てワープロで譜面を書いた所謂ワープロ譜面の3作品は、初期段階で捨てなくても良かったアレンジを再度戻して、コードの精査を行い確認しつつ演奏してみましたが、それも良かったように思います。
今日は時間に余裕があったので、シンセのEF(エファクツ:エコーやディレイ、コーラス、ディストーションからコンプレッサー等の音響付加装置)を確認したところ、何やら寒いことになっていたので、レイヤーとなっている2音色に別々のEFかけて、より複雑なテイストを加味するということをやってみましたが、これが功を奏し3ピースのバンドのウィークポイントであるサウンドがワンパターンに陥りやすいところを救っていたと思います。音響をカラフルなものとし、イメージの底上げに貢献するところがシンセの美点です。もう少し、使用頻度を上げてもイイかな、、と思います。まだまだ、この先も、活躍していただきましょう。