あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

小野洋子さん関連の記事に、このコメント?

まあヤフコメですから。

最近、まともにはなっていると言われておりますが。

今月18日、NHKの番組で、小野洋子さんとショーンが出演する(ファミリーストーリー)という内容のニュース。

それに対するコメントで「この人の生き方や発言が日本人らしくないから好きではない。」というコメントがありました。

それをふと目にとめて、何だかどうにも収まりの悪い感じ、理解出来ない具合の悪さを感じたのでした。

この根底に横たわる考え方ってどういうものだろうか?

僕から眺めた小野洋子さんは逆ですね。

彼女みたいな日本的な人は今時珍しいと思います。

まあ容姿も含めて。

彼女の生き方や発言は実はとても伝統的な和的なところから発信される場合が多いと思いますし、ジョンもそこに魅かれたのだと僕個人は推測しております。

また、その国の人らしい、らしくない、、という基準は常にあやふやなものだと思います。それでも、もし本当にその人が出身地の人らしくない言動であったとして、それのどこがいけないのでしょうか。

正しいことは、それはただひとつではないでしょう。人間の考える正しいことなんてたかが知れている。そしてまた正しいことは沢山あるわけです。

自分の考えていることだけが正しいと勘違いは、つまり傲慢でしかない。

比較すれば、コメントの別なところで「どうしてだかこの人は好かん」とシンプルにコメントしていた方がおりましたが、僕はこちらは理解出来る。

だって、小野洋子さんって、やはりこう癖が強いですからね!(笑)

敵を作りやすいタイプ、、ってことは確かだろうなぁ、、、。

それで、僕ですが、この番組はとても楽しみです。

僕はヨーコも、そしてジョン・レノンも、そしてビートルズも大好きです。