あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

恒例ライブ当日日記

ライブ当日日記だけを集めて眺めてみたいものではある。今度検索してまとめてみるか。その昔ライブ当日と言えば朝から何も喉を通らない程の緊張具合だった。

身体もガリガリだったし。今、自分は違う人になってしまったのである。

あの頃より体重では15kgもアップしている。この宇宙的な増量具合!!(笑)

ただ、ライブ日独特の若干の怠さ、ハッキリしない感じはあって、これは遠い時代の余韻みたいなものであろうか。

ライブで最も気になるのは集客ということになる。

でも、僕の音楽を聴く方は大体決まっており、それは音楽裏街道に生きる数多のバンド共通のところであろうと思う。

皆、コアなファンを抱え、大切にして、何とか雲の上に出ようとしている。

僕は年齢のこともあるが、ライブの集客やCDリリースに対してのスタンスに対する考えはどこか変ってしまったところがあり、それは聴く音楽の変化と混じり合っている部分でもある。

今、動いているバンドはピアノトリオであるけれど、この音楽が受け入れられるには、全く違う次元、別なところから多くの聴き手にアプローチしないと難しいと思う。

現在、この音楽を楽しんでいただいている方は、音楽ファンの中でも奇特な方達であり、特殊なのである。感謝と愛情を込めて言わせていただければ、、。

しかし、バンドは同じことの垂れ流しでは必ず頓挫し、終わってしまう。

バンドの寿命と、理解者の人数は大体比例するのである。

聴き手はバンドの上に位置する。バンドが聴き手に音楽を聴かせるのではなくて、聴き手がバンドの音を判断するのである。

しかし、この国に関しては、大多数の聴き手はメディアに踊らされており、大凡個というものを持っていない。大衆というものは、そういうものだ!と言われれば返す言葉もないが、それにしてもどうにかならんか?(笑)

ECMヤコブブロトリオに対するヨーロッパの受け手の反応、先頃来日した折りの国内の反応とでは全く違う。

大人しく地味な音楽であると、同じく地味な反応となる単純な反応が国内。

そういう音楽であってもその裏にある凄さ、面白さ、美しさを理解して盛り上がるのがヨーロッパの反応。

ヨーロッパと一括りでは大雑把過ぎるけれど、そういう傾向は確かに在ると思う。

ドラムがいちいち押し倒さないと受けないなんてバカらしい。

問題発言であるけれど、日本の聴き手にはもっと耳を鍛えていただきたい。

でないと、結局、音楽家は沈んだままだ。

音楽家を育てるのは聴き手の義務(大袈裟)でもある。

本日、こういうことを考え、気分だけで押すような音楽は封印したい。冷静で客観性を持ち続けて最後まで行きたいと思います。