あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

唯一反応してくれたギタリスト

昨年の6月、再生が頓挫してしまったFLAT122は新しいギタリストを探すということになり、僕は4ヶ月程かけて様々なギタリストさんに声をかけてみた。

声をかけるために、わざわざ4曲の音源を白紙から作成したくらいの意気込みだったが、散々な結果となり、結局今年からスタートしているピアノトリオへの流れを作ったということになる。

今は、これで良かったのだと思っているが、しかしギタリスト達に対する「この楽器が自分の中では終わってしまった」という感情は拭えず、心の隅にはいつも釈然としないような、疑問みたいなものが燻っていた。

 

ところが先ほど、そのアプローチした中のお一人から反応があった。

僕は、それだけで良かったと感じることが出来た。

時間をかけてやったことが少しでも報われればそれでOKなのだ。

もちろん、周囲のギタリストからの回答はほぼ得られているが、時間がない、腰が引けてしまった等、人それぞれの理由で残念な結果だった。

しかし誰もが知っているようなプロの方からの反応は全くなかったし、僕の周囲でもそこそこの活躍がみられる演奏家もまた同様であった。

 

反応を返してくれたのは、その誰もが知っている中のお一人だったのだけれど、結局プロであろうがなかろうが、回答してくれる人というのは、そういった仕事のスタンスには関係がないということだと思う。

それは人としての性分であり、もちろん職業も年齢も関係ない。

僕だったら、見知らぬ演奏家からアプローチされ、いただいた音源が違うなぁ、とおもったら「ごめん、一緒には出来ないけれど、聴かせていただきました」と一言お返しすると思います。

無反応、、それは個人的にはやりたくない行為です。

いろいろな理由、気持ちが根底にあるにせよ、一応自分の流儀みたいなものでしょうか。