読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

Chaos and Harmony 解散しました!

残念なニュースで、申し訳ないです。

しかし伝えておかないといけないでしょう。

メンバー全員の意見をとりまとめ、ニュアンスの違い、理由の違いがあるにせよ、結論は同じ方向を向いておりました。

何と言っても全て私の不徳の致すところで、このバンドを評価されるところまで持って行けなかったのが悔やまれるところです。

全員一致とはしておりますが、私個人は三味線の入ったユニットのアレンジをつめればもっと先がありそうだという判断をしておりましたので、正直なところ引っかかりがないわけではないです。

しかし、バンドを率いることに対する疑問、もっと言ってしまえばバンドの在り方にそのものに対する反発した気持ちがあったこともまた事実です。

自分ひとりでアプローチするに近いイメージでバンドを動かせないのか?と考え続けた結果が昨年の試行錯誤です。

思いを馳せるのは、メンバーさんの今後です。皆、音楽家として成功してほしいと素直に思います。というか音楽家として幸せに生きて欲しい。お金を得るとか、そういうことではなく。

メンバーさんの中には、僕に対してとても良い意見を言ってくれた方もおります。

たとえ、こういったことになっても前向きな意見を伝えてくれたことに心から感謝し、記憶に刻んでおきたいと思います。

僕は、しばらくは、もしかするとこの先ずっと大きな編成のバンドを率いることはないと思います。出来るだけコンパクトに。出来るだけ自分ひとりで聴き手に伝えるイメージで。先の日記に書いたピアノトリオはその回答と言えるでしょう。僕が迷惑をかける(甘えることの出来る)演奏家はもはや本当に数人だけなのです。昨年、事ある毎にアドラーの「嫌われる勇気」など買う必要はない、と嘯いておりましたが、洒落でもなんでもなく気持ち良いほどに孤独なのです。そんな僕でも一緒に演奏してもいいよ!と言ってくれる人がいるわけですが(余程なお人好しか、変態でしょう)そういう奇特な人のためにも、隠居する!などとイジケナイで前向きに頑張って行きたいと思います。それがまた、カオハモの連中に対する礼儀でもありましょう。

応援してくれた音楽ファンの皆様、このようなことになって申し訳ない気持ちです。

メンバー達の今後をあたたかく見守ってあげてください。

よろしくお願い致します♬