あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

キンチョール vs Amazon (・・`)

AmazonのCMで赤ちゃんとゴールデンレトリバーが登場するのがある。

赤ちゃんが犬を恐がって泣いたので賢いレトリバーはそれなりに落ち込んだと。ライオン(赤ちゃんお気入りの)の鬣(タテガミ)のかぶり物をさせたらOKとなった。

という筋立てのもの。

ネットで先ほど検索すると、これが賛否両論らしい。

やはりなぁ。

見方の問題になると思うけれど、僕もこのCMは最初から違和感があって好まなかった。それは愛犬家の皆さんが反発したのとは少々違っている。

元々、ペットに服を着せたり、飾り付けたりというのが好きではないからという生理的なところがあります。(おそらく冬ともなると動物達も寒く感じているのでしょう。あくまでも個人的な感じ方ですので、ご理解のほど。)

結局、何も犬にライオンの格好をさせることはないじゃん!という至極単純なことでした。本当は飼い主のお父さんは恐がる赤ちゃんと同じように疎外感で心がいっぱいになっているであろう愛犬にも心が行ったので、Amazonプライムで(笑)急遽ライオンのタテガミ購入となったわけですね。

しかし、そんなややこしいことをすると、この赤ちゃんはライオンと犬の区別が付かなくなってしまうのでは(笑)と心配になります。それどころか、この犬のようなライオンのような新種の動物がこの世にいると思い込んでしまう可能性すらある(@д@)/

 

あんなことをしないで、ありのまま、犬を恐がらなくなるまで待てば良かった。しかし、それではAmazonの出番がなくなってしまうという重大?な問題が出て来る。

このCMの制作関係者もけっこう悩んで捻り出した演出だったのかも知れない。

因に、僕はプライムは必要ないです。これがなくても十分に素早い対応だと思います。

関係ないですが、僕の好きなCMは大分前の「キンチョール」の大滝秀治さんと岸部一徳さんの出演されていた「お前の話はつまらん!」これですね。

www.youtube.com

Amazonは僕のなかではキンチョールに完全に負けております(笑)