読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

雑記帳改め『呟き』

ブログがいたるところに転がっている。鬱陶しくて1点を残し全てを削除しようかと思っていたが、止めた。流石に続ける理由の無い1点を除いて継続と。つまり逆。本ブログも、自作のアナライズやCD評、またバンドのHPに置いた雑記帳と重なるところが多く、必要ないのでは?と思っていたが、やはり続けることとした。

本ブログでは基本的に、かなり私的なもの。自分の心の中に横たわる内的なものとしたい。そういうことで言えば本来的な日記に近いかも知れない。

日記は机の中に仕舞い込み、親に見つかると怒り狂う、というスタンスのが本来で、その秘匿性こそが売り?なのである。

しかしブログ日記ってのは、アクセスを気にする。このアクセスって何だろう?

アクセスが増えないから止めちゃう、、そういう人は多いに違いない。僕もそういうHPやブログは山のようにある。しかしこういったものは長く続けてこそ味わいも出て来るものだろう。アクセスがないからつまらない、アクセスがないから意味がない。

それは違うのではないか!最近そういう風に考えるようになりました。見ず知らずの他人から興味を持ってもらいたいのは誰もがもつ願望だろうけれど、日記は自分が過去を忘れないように記録を付け、時折それを見返しては未来への布石とするのが理想だと思う。また、その過去に戻ることで自分がうっかりしていたこと。振り返ったからこそ気が付く事象があるだろう。その時点では気分、感情で動いて見えていなかったこと、下手をすると親切な気持ちで接してくれていた知人、関係者を曲解し、自分の孤立を招くということも僕のような基本そそっかしい人は少なくない展開だ。

人から叱られたり、注意されたりという、どちらかというと楽しくない話。それも軽く敢えて楽しくグサリとメスを入れたい。

問題提起、考えてみて欲しいこと、それは自分が結論を出せていないからだが、そういったことも積極的に書いておきたい。

ということで、これから色彩がガラリと変る本ブログ。

よろしくお願いします、、とは言わない。勝手に書いて行くだけですから。

まるでイチロウのマリナーズ移籍の時の真似ですけど(笑)