あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

同じ意見しか出て来ないコメント欄って?

コメントってのは、色々雑多であるのが僕はいいと思う。

良いと思う、良くないと思う、色々出て来るのが自然ではないだろうか?

もちろん、偶然横並びで意見が揃うこともあるかも知れないけれど。

Amazonの商品コメ欄はだから自然です。意外に振幅が大きく両極端な感想も珍しくない。まああれは商品であり、金を出して得たモノに対する意見というのは個人キャラがそのまま出るのは当然ではあるだろうけれど、、。

都知事選が終わり、結果は小池さんが圧勝(と言っていいか)しました。

今回の某コメント欄、、いつもとと同じように、皆同じ。

これ同じ人が違うIDで入力してんじゃないの?

何だか気持ち悪い。

誰かがこうだ!というと、そうだ!そうだ!というすぐに徒党を組みたがるのはこの国の悪しき風習だ。

そして少しでも違った事を言ったりすると出る杭は打たれる。

もう少し旋毛が曲がった天の邪鬼が多くても僕は許されると思うのだけれど。

今回僕は増田さんに入れました。

いつもなら鳥越さんだと思います。しかし出だしの鳥越さんはボサッとして反応が悪い感じで、あぁ年取ったな、、と思ったのです。破棄が感じられず担ぎ出された感が見え見えでした。あれなら宇都宮さんや古賀さんの方がずっと良かった。演説の内容も薄かったですね。それでまあ実務がしっかり出来そうな増田さんに、と若干安易に入れたわけです。期日前投票したのですが、後々よくTVで見ると、もっと良いことを言っていた候補者もおりました。でも勝つ人というのは結局知名度とイメージ戦略で上手にアピール出来た人であり、何だか車の販売台数と変らないな、と思ったりしました。

こういう選挙を含めた政治のこととなると、僕は中国も韓国も台湾も日本も実によく似ていると思います。よく隣国をバカにする人がいるけれど、それは自分の国をバカにしているのと一緒です。似過ぎているので少しでも違ったところがあると気になってしまい仲が悪くなる。

アジアの選挙ってどこもそうですが、何かひどく洗練されていない感じ、最初から勝ち組は決まっている茶番な感じ。似ています。

それでも小池さんは根性だけはありそうです。最初は間違いなく孤軍奮闘でしょうけれど、そのハードルをどのように乗り越えるのか?

頑張って欲しいと思います。