あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

胃カメラ検査結果

なかなかイケメンの先生なのですが、、、

検査は長く徹底してしつこくやるのでした。

センセーもういいです、、止めてくださいませ!!って感じ(笑)

ふう、病院というのは疲れますよね。

帰って来ました。

自転車で直ぐのところなので、あっという間です。

今日は、胃カメラとエコーの2つの検査を続けて行いました。

胃カメラは鼻から管を通す方法だったのですが、僕の鼻腔が狭く、とても痛かったので中止して通常の口から入れるのでやってもらいました。

まいったなぁ、、。

まずエコーで内蔵をいろいろと調べて、先生が「問題はないかな」と言ったので、少し安心。

次に本日のメインメニューであります胃カメラ、これを口から管を入れて行きましたが、キツかったですね。

反射があって、オエッと何度かなりました。

終わって看護婦さんに聞いたら、僕の場合これでも楽に行った方らしいです。

確かに後半から管を抜くところは問題なかったです。

そして先生の所見ですが、「腎結石」だそうです。

左腎臓の真ん中辺りに白く見えているものがあり、これが「石」だそうで、所見と言えるのはコレだけ、ということでした。

ではあの気持ちの悪さ、ひどい状態は一週間前いただいた薬で治ったということなのでしょうか。胃、十二指腸共に問題なかったです。

また同時に調べた膵臓、胆嚢、肝臓も全く正常とのことで、何か拍子抜けでした。

先生が最も気にしていた(と思われる)糖尿病も問題無し。

やはり「石」か。これは家系だから仕方ないのかも、ということになりました。

鼻から入れたゼリー状の麻酔薬が今でも鼻と喉の間に残っているのか気持ち悪いです。

血液検査、胃カメラ、エコー、をやってもらって今年また成人病検診をやるのですかね?

まあいいでしょう。

自信を持ってのぞみたいと思います。