読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

家族バンド(呆....笑)

家族三人、短いセッションを行いました。

音楽でこんな楽しいことは久しぶりです。

男性2voice+女性voを中軸とした恐ろしく変態なサウンド。

他では絶対に聴けない、振幅。

ミキサーの針が細かく揺れているイメージ。

台所にいた高校生の息子が、信じられないほどの低音を発すると、それに呼応して父親が微妙に協和した低音をミックスしていく。

ややあって、妻とおぼしき女性が、とてつもない奇天烈な破裂音と高域のとんでもないリフでリードを歌い出す。

リハーサル=作品の完成であり、音を発したところでパートが積み重なって行く。

曲は短く、おそらく長くても3分程度だろう。

既成の構成などはない。

唯一、リズムマシンが(使用する曲であれば)おっと、息子はドラムもトランペットも出来るのだ。

どうだ!?上手い具合に育てたものです(^^!)

とても役に立つようになりました。

今年これで、音楽をひとつ作ってみます。

出来たら、新しく買ったビデオカメラで動画を撮りこの呆れた音楽に混ぜ込みます。

ヒントとなる音楽

ノイズ(自然音 機械音 生活音)

ケイトブッシュ

クラフトワーク

メレディスモンク

Phew

武満徹 高橋悠治 メシアン リゲティ フィリップグラス等の現代音楽

こんなところでしょうか。

崩れた音楽、整わない音楽。譜面を使わない音楽。

家族だから出来る、面白音楽。家族なので思いっきり喧嘩出来るのが良い。

「お前がダメなんだよーっっっ!!!」とハッキリとリアルに言える。

この痛快さ。

「速くやれよ、とっとと。やること遅いんだよ!!!」

この痛快さ。

まとまったものが出来ることを祈ります。

そうだ、バンド名が必要です。

考えるとしましょう。こう言うタイプは排除、というのはあるようです。

僕も全く同感でした。

そういうところは気が合うのですね。この人達。

何か進展したら、発表しましょう。ではまた♬