あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

医食同源

銀座三越サイミーズフィンでランチです!

f:id:ktg0912:20160327121053j:plain f:id:ktg0912:20160327130335j:plain  f:id:ktg0912:20160327121546j:plain

昨日は、4年も遅れた湯島天神へのお礼参り、それから近くに位置する東京大学構内の散歩の後、銀座に向かい実家父母と皆でランチでした。

この1年、美味しい中華をいただきたいと事ある毎に思っておりましたが、ようやく叶いました。そういえば三越近くの新装となった歌舞伎座前にも行ってみましたが、海外からの旅行客でいっぱいでした。一幕だけのチケットも用意されており、¥600から¥1400です。これなら気軽に歌舞伎にトライ出来ますよね。今年どこかで時間を作って初歌舞伎といきたいものです。

さて写真にもございます中華コースですが、、

 

左:カボチャと粒リンゴの入ったスープ。ミントが浮かんでいます。

中:大山鶏の唐揚です。

右:前菜盛合せ。キクラゲ、鰹、キンカン芽キャベツ、烏賊を独自のアプローチにて。

 

写真にはありませんが、こちら以外に、海鮮五目焼きそば、フカヒレと蟹のスープというのもありました。デザートは杏仁豆腐でした。飲み物を2種選べるのが良かったですね。ビールとワインで程よく気持よくなりました。

これだけのボリュームですが、とても美味しく新食感ですので、スイスイお腹に収まって行きますね。

いただいた後も、凭れないのも良かった。

予想した通り、中華でしっかりしたものは美味しいです。

特に、魚介類を工夫した素材からなるソースを混ぜ合わせた料理が多かったですが、どれも新鮮で満足度が高かった。

唐揚げ以外は、野菜と魚介類で成立させているのですが、物足りないイメージは全くなくて、程よくゴージャスで中華とは言っても、仏料理の様に一品づつ間をとっていただくのも、良いと思いました。

中華料理は円卓を回して自分で適量を取り出していただくものという固定観念がありましたが、こうしたいただき方もいいですね。

コスパはかなり高くて、今回は嫁の誕生日でアレンジしたプチ豪華ランチでしたが、出費者の母も満足そうでした。

それにしてもタイトルにあります通り、医食同源を感じました。

この日、花粉症で調子が万全ではなかったのですが、食べ始めから身体がどんどんスッキリして、お酒もとても美味しく感じられました。

お酒が美味しく感じられるというのはこの数年間、無かったことでしたので気持ちよかったですね。

帰りの電車では爆睡してしまいました。

ここはリピーターになりそうです。

スタッフの女性もとてもテキパキしていて、しかも雰囲気が良かったです。

ごちそうさまでした♬