あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

さあ最後の作業に入ったが、、。

アメリカからの刺客(笑)シリーズ。キーボードのトラック制作はとうとう、4曲目となりこれが最後の作品となる、、らしい。
これまでより短い尺と聴いていたが、うーん、、何だ!更にこの脈略の無さは。僕の作品も相当に人物同様の脈略の無さだが、これはかなりの分裂具合、呆れるしかない。
聞けば、この芸風を10年程度続けているらしいが、アメリカ人の脳天気ぶりに溜息が出てしまう。アメリカの政治は苦手、ハッキリ言えば嫌いだが(いつもどこか戦争している)音楽は大らかで懐が大きく深い。これは確かだろう。良い経験させてもらっております。
それにしても難行苦行とはこのこと。とりあえず音数を極力減らして、これまでとは違った方向性を打ち出したい。
耳コピも大変そうだ。譜面なし、説明なし。材料はとにかくリズムトラックとTEE・米田さんの重ねた変態なギタートラックのみ。
根性シリーズもあと僅か、、苦しみつつも楽しみたいと思います♪