あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

2/22Doppoライブは無事?終了

やれやれ、終わってこんなに気の休まるのも珍しい。とにかく終わった。例によって烏頭が凄かったので、カオハモも負けじと極悪サウンドに突入し、メンバーは疲労困憊でヨレヨレになって飲み屋に入って行きました。
先ほどベースの上田君から音源が届いており、少し聴きましたが、まずタイコの田辺君の叩きぶりが凄いですね。
何だか凄いことになってるなぁ、、とは感じていたけれど、何時も無口で大人しい彼のどこにこれだけの凶悪・凶暴な人間性が宿っていたのでしょうか。というくらいにロックでパンクなイメージで、私としてはとても気に入りました。
これはトンネルヴィジョンという最近の新機軸と言える作品のことを言っているわけですが、4曲中、3曲目の行進曲のこと。
ピアノとベース、ドラムというジャズトリオと一緒の組み合わせ、どれだけジャズから遠くなるか?という実験的作品ともいえますでしょうか。ここでピアノのクレッションドに合わせて、鋭いベースの切れ込みが来る。