読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

もう大学入試は始まっている!(溜息)

自分が中3の頃なんて高校受験を控えていたが、遊んでばかりで意識の低さは格別だった。
田舎だったから入る高校も限られていたし。
それが今日、模試を受けに行っている息子の世界はどうだろう?
親子とはいえ、こんなにも人生の流れが違うのか?と愕然とする。
中学でこれだけ勉強して、全国模試を受けに行く。親はその時間の後半で講習会に出ると。
それがタイトルの「もう始まっている」となる。(溜息、は違う。これは私の深い溜息(笑))
実際、国立のしかもそこそこレベルに入るには今からそういう意識で生活していくべきなのだろう。
子供も一応入りたい(あくまで行きたい!と言うだけの希望だが)大学は定まって来ているようだが、、。
中学受験同様、またまた目標が高過ぎる。
大丈夫なのだろうか。
でも父親なら応援しなくちゃ!!!
自分みたいな中途半端な人生にならないように。彼が自分が成りたいと思うものに少しでも近づくように。
勉強が目的なのではないのだから。
後期生となると再び塾通いがスタートするらしいが、出費が嵩む事を予想して昨年から銀行の残高に少しでも余裕を出すよう努力している。が、まだまだ安全の域ではないだろう。
しかも彼がもし浪人と言うことになれば、半端ではない虚脱感が押し寄せそうだ。
是非とも一発で入って欲しい。なので、ランク的にもう少し楽に入れそうな公・国立大学もあるので、遠回しに提案するが若い彼には効き目なし(笑)とにかく夢がでかくて、まだ純粋だからそこに水を差すのも如何なものかと思うし。
自分だって行き先を音楽と決めてからは絶対にそれを曲げなかった。
音楽が好きだったくせに人生設計の決定があまりに遅過ぎた。それは今でも尾を引いている。
そんなことはないように。親として応援してあげたいと思います。