あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

歯の治療が終了!!

長かった!
歯通記事って8点くらいは書きましたでしょうか?

忘れもしない8月17日昨年の沖縄旅行前日、どうにもひどい状態で応急処置してもらったスタートから、8ヶ月経過してとうとう歯の治療が終わった。最悪だった右上のブリッジの破損から食べたものが入り込んで虫歯を拡大していたところを治療して、新しいブリッジを入れてもらったが、それだけでは終わらず、今度は右下の2つの歯の間が空き過ぎて食べ物が詰まりこのまま放置出来ないというので、形を整え被せてもらった。
それで終わりと思っていたが、どっこい今度は左上側に虫歯が見つかり、それを治療して(これは軽度なもので治療もかなり楽なものだった)昨日とうとう「完」ということになりました。
これからは3ヶ月に一度、予防歯科メンテナンスに通うつもりです。ひどい状態まで放置すると時間もお金も無駄にするので、まめにチェックすることにした方が絶対に良いでしょうね。

こちらの歯科の評価は概ね良好でした。設備も新しく、スタッフのお姉さん達もキレイで穏やかで癒されました。
またハワイの水が用意されているウォーターサーバを自由に使えるのも良かった。BGMもハワイアンってのがまた個性的で痛みも軽減されるってところでしょうか(笑)

ただひとつ。先生がお一人なので、3台の治療ユニットに患者を座らせて、そこそこな時間待たせて治療するのが唯一気になりました。昨日みたいに面倒なことを言う患者が居たりすると、けっこうな時間待たされて「やれやれ!」って感じになります。技術はしっかりしており、自信と確信をもって治療されていることは感じられますので、惜しいところです。

でもまあ、この程度は許容範囲です。
以前診てもらった近所の歯科と比較したら雲泥の差です。あちらは私のあの状態を知覚過敏で片付けてそれを信じた私は高い歯磨き粉まで買って、しかも沖縄旅行にも間に合わず、我慢忍耐の可哀想な沖縄詣出になってしまったわけです。旅行自体はそれでも楽しく、嫁、子供と楽しい思い出をつくることが出来ました。しかし楽しみにしていた「食」に関しては悲惨な状況で、これはリベンジ沖縄旅行を来年辺り敢行したいということでしょう。

歯の状態は実は気になるところがないわけではありません。昔治療した差し歯がぐらぐらしているところや、噛み合わせが微妙なのかブリッジの上下が入っている右側がたまに少し痛い時があります。

でもこれは様子をみて、また3ヶ月後のメンテナンスで診てもらおうと思います。
ではまた。