あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

pianoteq!!

更に体験版を付き詰めてみた。オリジナルのKORG/SV-1をこいつに差し替えて演奏させながら音質の調整をしてみる。ペダルのノイズから全体にかかるEQ、EFまで用意されているが、どれもこれもと使うと迷宮に入ってしまい一体自分がどういった音を望んでいたのか分からなくなって来る。

私なりの結論としては、まず用意されている多数の音色から最もしっくりくるものを選択する。ここにまず焦らず時間をかける。クラシックからジャズとジャンルやスタジオを意識したもの等アプローチに合わせて便利な形で用意されている。その後、ハンマーのストライクポイントを調整する。音質はここで行うのがベストと思う。EQは出来るだけ使わない。元々正確にピアノを再現している音源なので、可能な限りひとつのファンクションで音質を追い込むのが良いように思います。結局生ピアノがしっかり鳴っていることが如何に力のあることか思い知ることになるのだけれど。

徐々に全体に馴染ませるように、自分が思っている音量よりは若干低めでしばらくは様子をみると良いかもしれない。こうして私はピアノの音源はこれに決めましたが、先立つお小遣いが不足しているので、実際購入して使用するのは春先の予想です。欲しいものが山ほどあるので、大変です。

その主たるものは最近また復活してしまったオーディオ熱です。もちろん私のオーディオ熱など、王様級の殿方達に比較したら児戯にも等しいものです。でも一生に一度はJBLで音楽を聴く生活をしたいし、それを鳴らすアンプにはデジタルアンプを使用してみたい。そうなるとCDデッキはそれはそれで用意したいと、夢だけは仄かにくすぶり続けております。オーディオに関してはまた日記で書くことでしょう。

ではまた♪