読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

レコーディングのピアノ音源をどうする?

IMAGOレコーディングの準備は、最も面倒で用意の足りていない「真冬のTV塔」からスタートした。
これをリアレンジしつつ、データを制作しているが、ピアノのアレンジも同様に細かいところをつめながら何度もテイクをとって少しづつ進めて来た、先ほどほぼデータが出来たところだが、ピアノの音源はまだまだ決まらないでいる。というのは先日トライしてみたPianotecのデモが思いの外、難しく今もこれを触りつつテストを重ねているところなので。
ダメ!と言うには惜しい。この音源はピアノをおそらくは正確に表現していると感じられる。
しかし、そのポテンシャルを私の音楽に合わせるのが実に難しい。
というか、こうも考えられるか。
正確にピアノを表しているからこそ、アレンジの粗をそのまま出してしまっている。
自分のアレンジに問題があるから、そこは混濁してしまう。
ごまかしが効かない(笑)
やっかいだなぁ、、と思う。

この文だって慌てて書き直しているわけで、私はこいつにずっと振り回されている。
まあ、しかし毒を食らわば皿まで、、ということで行こうと思う。中途半端は時間を無駄にするだけだから。