あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

歯痛!!!vol.4

前回迄の粗筋(笑)

食べるとどうにも歯が痛くなり、耐えられない程というので近所の歯科に行った私。しかし知覚過敏と言われ、それを信じたばかりにひどい目に。歯科を変えて写真で確認したら、ブリッジの下がしっかり虫歯に。沖縄旅行を明日に控えて、応急処置をしてくれましたが、、、さてその後の顛末は如何に!

ということで、応急処置をして食べ物が入り込まないようにしてもらい沖縄に遊びに行った私でしたが、、、、!!

まずひとつ、これは人によって個人差があると思います。
また影響のない方もいるとは思います。
私の場合、最悪でした。

それは、ジャーン!「飛行機」

高度による気圧の変化からくるのか、それともあの旅客機特有の機内の寒さからくるのか、そして私の虫歯の周囲の血流に変化が起こるからなのか?
離陸から1時間も経たない辺りから、ドーンと激痛が来ました。これは虫歯では錚々たる歴史のある私でもベスト3に入るであろう、超激痛であり、もはや虫歯周辺だけではなく頭痛と、顔面全体が割れるように感じで、黙っていても涙が出て来る程でありました。「男らしくもない」と笑われそうですが、歯痛の経験の多い方なら理解出来るかもしれませんね。おまけにLCCなものだから座席が極狭く、「居ても立っても居られない」という蟻地獄状態でございました(笑)

携帯してきたロキソニンを飲んで、ようやく空港に到着して落ち着いて来ました。
それからというもの、沖縄では、毎日一回はロキソニンのお世話に。
そもそもは食べたときだけに染みて激痛だったものが、治療で寝た子を起こしてしまった感じです。

それでも薬を飲みつつ、美味しいものをガツガツと食べました。今回の沖縄の私の目的は何と言っても「食」だったのですから。このくらいで負けてなるものか!!と"歯"をくいしばりました。

しかし最終日の前日、とうとう虫歯からくると思われる胃に蕁麻疹が出るというアクシデントに見舞われ、ドライブ中に急に気持ち悪くなり、お昼の嫁と子供が、美味しいソバ(屋宜家・アーサーソバ)を食べている間車で横になっているという羽目に。これは胃薬を素早く飲んで次の日には完治しておりましたが、不思議なことに薬を飲むと蕁麻疹が腕に現れて、そしてその頃には体調自体は快方に向かっておりました。しばらく腕に出ていたこの悪党も次第に消えていきました。やれやれ、、、(^^!)

さて東京に帰って来た私は早速、歯医者さんに電話して(他の患者さんには大変申し訳なかったのですが)割り込みが許されるのであればと、治療をお願いしてみました。

すると、私の辛い気持ちが伝わったのか、旅行が可哀想だったと思ったのか(旅行のことは伝えてありました、笑)すぐに治療を開始してくれました。

1時間近く、神経治療をしていただき、それなりに大変でしたが、今は随分楽になりました。治療後の疼くような痛みは若干ありますが、もう断然快適。2ヶ月ぶりの普通の状態で、治療の後半では以前と同じ感じの空腹を覚えました。歯を庇って食事していたので、例え空腹でも胃腸にある程度のダメージがあり、健康的な空腹感がなかったのだと思います。やはり患者は医師に出来るだけ協力して治療を進めるべきなのでしょう。

次は3回目の治療ですが、更によくなるよう耐えよう(笑)と思います。

そういえば、この歯科は、待合室にウォーターサーバーがあり、ハワイのお水を自由に飲むことが出来ます。
ちょっとしたことですが、私は気に入っております。
BGMもハワイ関係なのですが、これは流石に、、。プログレでも良いのですけれどねぇ(笑)
ピンクフロイドやキングクリムゾンでは歯痛が悪化するかな?

ではまた。