あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

本当はこうしたら良いのに!

ということが時としてあると思う。誰しも。
でもそれには大なり小なり、ハードルがあり、多くの人はその前で引き返してしまう。

本当はこのようにしたら良いのに、、というのはある種、それは周囲を巻き込む悪徳ブローカー(笑)的な側面もあり、皆それはもう悪い人にはなりたくはないから、そこでスイッチを入れることはまずない。

しかし、そこでスイッチをオンしてしまう人間というのが少ないけれど、必ず存在する、これが10年に一人出るかどうかというアーティストとなる。

天才アーティストの天才というのは、そのスイッチを入れる勇気の針が躊躇の欠片も無く振り切れている者を言う。

つまり勇気というのはそれほどに大切な要素なのだ。私としては、優れた頭脳よりも、桁外れの勇気を得たいと思います。つまらない人生はもう十分に堪能したので、今後は自分を楽しませるためにエネルギーを使おうと思います。