あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

肩痛はつらいよ!

男はつらいよ」にひっかけましたが、、、(笑)

ピアニストには大敵です。
肩とは言え、ピアノは身体全体を使って演奏するわけだし。
これは個人的見解ですが、足のつま先から頭までの最も長い直線から、両側右左に出ている線の調度支点にあたるのが肩付近、そこから肘、手首、指の付け根、指先を通して、脳から伝達された指示が伝わるという仕組みで鍵盤が押される。

分岐するところの肩がやられると、信号が円滑に進まない。痛みがひどいのは夜寝ている時なので、ピアノを弾けない程ということではないけれど、影響は大きく疲労も倍加する。

ストレッチや、湿布、それから日頃から姿勢の悪い人なので、これも注意しないといけない。

こうして年を重ねると、本当に身体のあちらこちらで事が起きる。若い頃からの不摂生、だらしのない生活が引き起こした当然の結果だけれど、これからは労りつつも、適度な運動を継続して行わないと、まだまだいろいろと出て来そうだ。

音楽を楽しく、一生続けるためにも、サボらないで行きたいものです。