あるピアニストの呟き - pianist TAKA -

ピアニスト・タカの音楽記録です。音楽以外の様々な話題も取り上げます。

ウニタ・ミニマ

このユニットをご存知の方は、まあ居るとは思いますが、相当なものです。
何が相当なものかというと、マニア度数ですね。
これは近藤+れいちのデュオユニットです。
ドラムと鍵盤、まあどちらも打楽器であり、またもしかすると鍵盤楽器なのかもしれない。
ドラムって、ピアノとは次元の異なるカラフルな音程を持ちますから。

Youtubeってこういう音楽がアップされていたりするから無視出来ない。
先ほど聴いていたのは、「シャツ」という作品です。
これは聴いたことがなかった。
ウニタミニマってもっとミニマルが主体で、ドコドコしているイメージだったけれど、これはまたポップです。
でも唯一無二のポップであり、他に類がない。シンセの音もとてもイカしている。
今こういう音出そうと思ったら、国産では難しいかもしれない。
やはり、あれでしょうね、、あれっ!!(^^)
こういう音楽聴くと、音楽って何やらつまらなくなっているなぁ、、と少し寂しくなる。

この時代、僕は大変孤独な時代でしたが、だからなのか、関係ないのかわからないけれどライブにはよく行きました。
ショコラータとか、このウニタミニマ、斉藤ネコさんのユニットってのもありました。鈴木慶一が司会をつとめた企画ライブってのもあったな。そうだ!ゲルニカ!!これがなかなか良かったと記憶しております。

確か、チェロ、ピアノ、クラリネットだったかな?
その三重奏の上で、戸川純があのような感じで歌うと(笑)

大体は池袋西武にあったスタジオ200、渋谷のライブイン等でした。

こうしてズルズルと、音楽の記録が再生されるわけです。

音楽の記憶は、仄かに温かく、微妙に楽しい、少しだけ物憂い気分にはなるけれど♪