あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

音楽と音楽活動-私の個人的疑問

音楽という言葉を素直に受け取ると、それは素朴で純粋なものに感じる。しかしこれに活動をくっつけて、音楽活動とすると、勝手が違ってくる。

バンドでライブの集客であるとか、音楽業界であるとか、尾ひれがくっついてくると怪しくなる。何故そのように曲がってくるのか?
それはもうお金の問題。
音楽って何時からこんなにビジネス塗れになったのだろうか?
どうしていちいちお金が関係してくるのだろう。

音楽って、そもそもは聴くものであり、演奏する側がこんなに数多くいるのはバランスとしてはおかしい。
大体、ライブといったってサクラばかりで、形骸化しているものが実に多い。それから私のようにお金もないのにバンドを率いてレコーディングとか、言って騒いでいるのも頭がおかしい(笑)。

プロであっても、平日となると集客に四苦八苦しているのだ。「いつでも長蛇の列」を続けられる人気アーティストは氷山の一角に過ぎない。

本来、音楽は産業とは馴染まないものと個人的には思う。
音楽産業の中で自分の音楽を守り抜き、またそれを生活の糧とするには、余程の才能と努力、またそれだけでなく独自の戦略が必要。

私にはそういった知略がないので、とにかく作る作品で直線勝負をかけるしかないのですが、これは宝くじを当てるようなものかも知れない。

でも、迎合したり、不本意なことを我慢してやる必要がないだけ幸せです。
自分の作品だけは結果を恐れず、ぶれることなく豪速球を投げ込みたいと思います。