あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

深く悩むその理由とは?

最近の悩みは、厚い靄のようだ。
暑苦しく、湿度が高くてオーバーフローしている。
そのような感じ。
自分が熱帯夜そのものになったかのようでもある。

小さな悩みが重なり合って、超合金のような固まりになっている。
ドーン、、ドーン、、と重い太鼓が常に心の中で鳴っていて、私のやる気を奪って行く。
最近の悩みは、、このやる気の無さを如何ともし難いということ。

どうしてこんなに音楽をやることが苦しいのだろうか。
私はこんな状況を望んで音楽をスタートさせたのだろうか。
少年時代と同じ気持ちではもはや音楽は出来ないのは分かるが、そのギャップはあまりに酷い。

私の限界に挑戦してきた努力は今ここに、尽き果てようとしているかのようだ。
年齢的なところもあるだろうが、根はもっと深いに違いない。
自己嫌悪はこの数年重くなる一方で、こんな人間は早く止めてしまいたいと願うのみです。
でもそれは、甘えの裏返しであり、逃げ道を造る人間の常套手段であることもまた分かっています。
自己嫌悪は、実は長続きしなかった言い訳の代名詞のようなものです。

そんな暇があるのなら、十本の指を動かし鍵盤を押し下げないといけません。
いつもこうして自分を励まし、そして何とか一日をクリアしてきましたが、、、しかし、
最近のつらさはちょっとないなぁ。
どうしてこんなにつらいのだろう?

どこかに避難したい気持ちです。山奥とか、病院とか、南極とか、月の裏側とか、でもこうして独りになれる人は贅沢な人だと思う。
時間とお金があるのだから。
僕にはそんな選択肢すらない。

それにしても不思議だ。何故こんなに弱気で、やる気が出ないのだろう?
明日働きながらでも考えてみます。きっと大切なことに違いない。