あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

リハです!

一連の検診も終わり、ようやく音楽に気持ちが切り替えられます。まだまだ家族の用事が多く、落ち着きませんがこれは所帯持ちの宿命、家族に支えられてこれまで音楽をやってきたのですから、何事も一生懸命です。

さて明日、月曜日は久しぶりにグレープフルーツムーンでのライブがあります。こちらは、FLAT122で何度か出演させていただきました。
また、KTGにてお世話になります。
今回は時間が若干短めですが、個人的にはピアノをどのように弾くか微細につめてプレイするつもりです。勢いがモノを言うライブなのですが、レコーディングが進行しつつある現在、これは大切なことです。新しいEPを導入することも合わせ考えることがとても多いので、整理しつつ確実にスピードを持って進めたいと思います。
もちろんこのユニットの作品を書くスタンスからも、メンバーの演奏にもとことん妥協せず、自分と全くの同レベルにて微細にチェックしていきます。
最終的にこのアーティストさん達と一緒に作品をひとつ制作して良かった!となるように、時には心を鬼にしてのぞむつもりです。おそらく自分のことで精一杯で(笑)鬼になる力が残っていないと思われますが、、。

ということで本日、最終リハです。いつものリハとは違ってレコーディングを意識して行います。
リハが終わったら、長めのミーティングとしアルバムの制作ステップを相談し、最終的な叩き台を作ります。

アルバム制作は、FLAT122でも2度行っておりますが、大変です。特に私は、自分でも病気ではないか?と思うくらいに試行錯誤を繰り返すので、おそらくメンバーさんに迷惑をかけることでしょう。でもそれが自分の仕事の流儀(笑)なので、何とか理解してもらいます。「果てのない試行錯誤の向こう側に本当の果て」があると。はい、まとめました(笑)