あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

温かな景色・忘れられない日

丘陵の側面に建てられた寮の門前に停めてあるのは父の白いコロナだ。東北の片隅を朝6時30分頃に出発して、ようやく到着したところ。トランクには寮で使う布団一式が入っている。時刻は夕暮れには少し間がある15時頃だっただろうか。素晴らしくよく晴れた僕の…

M先生は今でも心配している、、のか?

暗い畝裏。斜め上から眺める自分はまるでドローンに乗っているようでもある。左手向こうには大きな川が流れているのが分かるが、今ひとつ実態が掴めない。堤防の内側には無数の平屋が規則正しく立ち並んでいるが、そこに人間的な営みは感じられない。とにか…

バスを待つ少年-1969

10歳。小学校4年生。"バス"という乗物が好きだった時代。10歳と言えば、4歳からの小児喘息がようやく終焉に向かった1年ということになる。あれから数十年経った今でも、その呼吸の重苦しさが心に刻まれている。父が出世して職員アパートに引越したのは家族に…

そして、、こんにちわ!ってことか?

スッキリした。これまでの記事を全消去。記事だけを一発で全消去するファンクションを探したのだけれど、見つからず意外に時間を要してしまいました。右フレームのサイドバーに最初の記事を書いてみましょう、、と在る。それが新鮮に目に映る。このブログの…