あるピアニストの呟き - カワサキタカヲ3動向 -

ピアノトリオ「TAKA3」の関連記事を中心に音楽雑記帳としております。

あるピアニストの呟き ー カ ワ サ キ タ カ ヲ 3 の 動 向

心の中心に在る作品

自作の中で「中心に在る」というイメージが最も強いのは今現在では「Spiral」と「雨の工場地帯」です。

「Neo Classic Dance」は少し離れたところにポツンと佇む感じです。
このSpiralは舞曲基調のテーマとミニマル変拍子のコントラストを楽しむ作品です。
この2曲はニ短調をベースとしているところも偶然なのか共通してますが、更に言えば3拍子系であるところも重要な共通項です。
自分が最も表出していると感じる理由は、雨の工場地帯は単純にその旋律の中に。そしてSpiralはその構成にあると思っております。
その構成はかなり分裂気味であり、脈絡なく蛇行して行きますが、最後はテーマに戻って行きます。それは正しく、自分が欠点だらけの人間なのだ!と言っている作品に他ならない気がします。自画像みたいなものだろうか。
僕がこのSpiralを作曲したのが26才、そして今の形の根本となったバージョンが出来たのが44才頃です。
そして4年前、某音楽ファンに「解脱アレンジ」と言われた「ver,2.01」というのがあります。これはオーボエとフルートをフロントとして活動したIMAGOというユニットのために書いたものですが、もはやこれはSpiralではないとの批判も多く、取り下げおりました。
しかし、それは作曲家として恥ずべきことだったかも知れない。一人の音楽ファンが「解脱」と言った気持ち、意味を考えれば簡単なことです。あれだけ自分が気に入っていたバージョンを捨てる事はない。どちらも活用していけば良いだけの話です。おそらく管楽器のゲストが入ることが先々あると思います。その時は間違いなくこの譜面をもう一度引っ張り出すでしょう。2、3日前に数年ぶりにこれを聴きましたが、驚きました。おそらく今の僕ではこのアレンジは出来ない。その圧倒的な情熱というのか、2管編成にかける気持ちが痛い程伝わる内容であり、ゴチャゴチャとした駄目パートを除けば今も演奏出来るレベルです。

というようにSpiralには実は2バージョンの用意があり、ひとつは今のところ休眠しているわけです。そしてこれと対峙するのが「雨の工場地帯」でこれは、僕が高校時代、ピアノのレッスンをさぼって、プラモデル店に向う小雨振る工場地帯の情景を表現したものです。これは自分の過去の断片から取り出したハッキリしたイメージがあり、そこがSpiralにはない強さです。Spiralがプログレッシブと言って良いアプローチなのに対して、こちらはジャズ的なアプローチなのも大きく異なるところです。テーマ数も圧倒的に少なく、整理すると1テーマ+展開部だけとも言えるでしょう。しかし、だからと言って手を抜いたわけではなく、何度も弾いては試行錯誤を繰り返し、当初からの改訂は3回程となります。おそらく屋台骨は変更する必要がないはずです。この2曲は明日ライブで演奏します。思いっきり気持ちを入れて丁寧に演奏したいと思います。

急遽ギタリストを入れてライブ、、!

10月22日シルエレライブは台風で大変そうです。
しかし、またひとつ悩みの種が。。
あーぁ、、大丈夫かいな。悶々としちゃいますねぇ、流石に脳天気な僕も。
昨日、急に(タイトル通り)こういうことになりました。2曲参加ですね。
作品とフリーインプロと。
現場に入る前にスタジオで2時間、リハと。しかも相手は仏のお方。
フランス語なんて全く分からんぞ!!!!!
英語ですら沈没なのに。
そして、そのギターの技術的なところも分からない。分からないだらけ。
まっ、音楽ってのはどうにかなる、、と思うのですがそれは自分の場合。
仏ギタリストの力量が気になります。
海外の方は往々にして、人間的には積極的でドーンと来ますが、乖離して実際の演奏は寒い場合もありというコレまでの経験です。
「俺は、凄いんゼ!!!」
しかし、、、、結果として「アンタのどこが、、?」(笑)こういうのが多い。
しかも、駄目元で「Spiral」の資料も渡しておくか、という流れになっている。まあ、僕も自分を驚かせて欲しい、というのが正直な気持ちです。しかし作品力はともかく、この図体だけはデカイこの作品を1日程度で形にしたら、それは大変なことです。ただそういう演奏家は、少なからず居るとは思います。曲全体を見て、分析しどこで自分を前に出して行くか、そして出さないところはSEとしたり、コードもサウンド指向でバックを支えたりすると良いと思います。また、アイデアがあるのならカウンターを作っていただいてもOKですが、そこまでの余裕はないはずです。あまり期待すると、落ち込みがひどいので、想像を膨らませないようにしたいと思います。この顛末は来週にでも書きましょうか。
では、こうしている場合でもないので、練習します。

7拍子のソロを考える

10月22日に行われるシルバーエレファント・ライブは歌モノバンドさんに囲まれて僕らは異質なイメージを演出することになりそうです。

あの、オッサン達、浮いてるねー、、。そういうことである。
そしてまた、お店はそれを狙っているのかも知れない。
さて、その中で演奏する「真冬のTV塔」は7拍子を中心とした変則的な作品だが、後半にキーボードソロを設定した。
ベースもドラムもソロの用意があり三人共にタイプの異なる7拍子でアプローチすることになる。
そこで7拍子ソロを考えることになる。

7という数字をカタマリひとつで考えるという手もあるが、それはもしかするとワンパターンに追い込まれる可能性がある。音楽的な下地を作るには僕の場合、4+3、もしくは5+2に落ち着くことになる。
これは演奏家によって異なるはずだ。4+3を不自然と感じて3+4をメインに考える場合もあると思うが、こういうところに自分のこれまでのバックボーンというか、どのような引き出しを持っているか?というのが表出する。
ベースがF#固定なので、コードの考え方に自由度はあるが、もう少しキツいルールが在った方がよりスケールアウトするにしても緊張を感じる内容となるだろう。

F#から想定されるのは、モードで考えればAドリアンだが、コードとなると実は難しい。Aドリアンというところから、Am、そしてF#を内包するBを経由して、F#を9thに置くEm7.9に一旦ケーデンスさせるというのは、なかなかお洒落なセンスとは思うが、しかし、ソロという中でどういったラインを描くのか?またその後、どのような道を歩み、どのようなゴールに導くのか、そしてこれは最も大切なことだがソロ全体が作品のイメージに寄り添ったものであるのか。

今、これを書いていて溜息が出てしまった(笑)
F#固定、7拍子と。誰が言い出したか、、自分である。こうして僕はいつも自分で自分を苦しめるのである。
ドラムのアプローチも気になるところだが、この後に作品を締めるパート2点が来るので尚更だ。ソロの終わらせ方とエンディングへの入りが上手く行かないと大変なことになってしまう。
僕の作品はそもそも珍曲が多いので、どこをどのように間違っちゃったのか聴き手にも分かり難いところが良いところだが(笑)しかし、この一連のパートの動きで沈んでしまうと、アルコールを注入した聴き手達も「ちょっと変!!」くらいには気が付くに違いない。ひとつ自分を解放する策として、クラシック音楽の手法をソロ全体の中心に置くという手がある。例えば7拍子には馴染まないという先入観念はあるが、意外に自由度があるバッハ的な手法、モードとコード、そしてフレージングにその特長的なところを加味するとソロの方向性がキレイに定まってアプローチが楽になるという可能性がある。ELP/キースエマーソンがよくやる手ではあるけれど、あそこまで露骨にやらなくても(笑)僕なりの方法で少しづつトライしております。
ということで、最近はお小遣いサイトばかりに入れ込んでいた僕も少し目尻の角度を上げたいと思うのでした。

10/22シルエレライブ詳細ですっ!!!

そろそろライブ本番が近づいてまいりました。ライブ詳細をこちらにアップしますので、どうぞよろしくお願いします。2番目(19時10分頃)の演奏スタートとなります。今回はリアレンジした「真冬のTV塔」がポイントかと思います。どうぞ日曜日、比較的早い時間となりますので、お気軽に遊びにきてください。

 

10月22日(日)
PROGRESSIVE LIVE 2017~
出演
①Melogress
key.Itaru
vo.F-Nakaji
dr.Goto
b.shiba

②川崎タカヲ3
pf.川崎隆男(from. Flat122)
dr.佐山智英(from.烏頭(uzu))
b.中島洋隆

③Quaser( from KOBE with new album":46" )
vo.key.TAKUYA MORITA
dr.KAZUO KATAYAMA
b.HIROAKI FUJII
g.MASAMI KATSUURA

OPEN 17:30 / START 18:00
前¥2100 (+1drink¥500)
当日¥2400 (+1drink¥500)

 

■シルバーエレファント
〒180-0004武蔵野市吉祥寺本町2-10-6-B1
電   話0422-22-3331
ファックス0422-21-8081
http://www.silver-elephant.com/

10/22シルエレライブ・リハーサル

f:id:ktg0912:20171009103339j:plain

最終リハであります。左の写真はこんなものを載せてどーするの?という愛用ボリュームペダル。これが意外に大切な機材なのです。
昔、懸賞で当たったというので嫁と行ったジャネット・ケイのライブでキーボーディストがボリュームペダルを使っておりませんでした。なので、音の減衰が不自然で、尻切れとんぼ状態。素人か、コイツは?と思いましたが、そのお陰で肝心の音楽にはさっぱり耳が行かなかったという悲しい過去がございます。しかし、このKORGのペダルは重いです。これをリュックに入れると駅から遠いものですから、ライブ直前となって、ようやく引っ張り出すと。それまでは、上記ジャネット・ケイ状態となります(こら!!)まあ、しかし僕はきっちり手動で力技でボリュームツマミを回します。(かなりアクロバットな動作となります。)
さて、、、今日は、脱線がひどいですね。
我がピアノトリオの精鋭リズム隊は時間調度、ルームに入ってまいりました。この面子で活動スタートしたのが今年2月からです。随分、メンバー間が柔らかく落ち着いた感じになりました。何でもリアルに言える雰囲気がとてもイイです。3ピースというのは実は難しい面があります。どうしても一人がはじき出され、疎外感を受ける羽目になりやすい。僕などはそもそもが疎外感で出来上がっているような人間なので、バンドには本質的には向いていないのですが、このトリオは全くそう言ったことはないです。自分が黙り込んで、二人が話込んでいることも多々ありますが、違和感なしです。音楽の話であろうが、ゲームの話であろうが。おそらく、単純に人間的な相性が良いのと、目指している音楽のヴィジョンが比較的近いところに在るのでしょう。そのポイントに向って音楽を追い込んでいる印象が強く、リハの後はいつも気持ちの良い達成感があります。
次は本番当日に会うことになりますが、リハの多いバンドさんからすると驚かれるかも知れません。でも今年、この位の回数で本番を乗り切って来たのであり、やっている音楽内容からしても程良いところだと思います。用意しているのは6作品で、どれもこれもハードルが高く、大変ではありますが、演奏でやっていくバンドですからこの程度で沈んでいてはやっていけないでしょう。個人的な課題は、バンドに揺さぶりをかけて振幅を大きくすることが出来ていないので「どのように弾くか?もしくは、どれだけ音を削って可能な限り少ない音で成立させるか」ということになります。ピアノトリオですから編成はシンプルであり、音を沢山使いたくなるのですが、それは間違った考え方かも知れません。リズム隊の二人がいるだけで、音楽は案外成り立っているところも多いのです。ピアノは、その音楽として足りていないところに音をプラスしてあげる程度に考えると自然にリズムに揺れが生まれるのでは、、と考えております。またニュージャズを標榜するユニットではありますが、だからといって常にテンションや、4度構成のハーモニーは作品によっては馴染まない。これは以前キース・ジャレットが雑誌インタビューで述べていたのは「ジャズだからといって何の飾りもない通常の三和音を弾いて駄目という法はない。私だったらイメージに適しているのであれば迷いなく単純なコードを弾くだろう」こういった内容でした。当時、あまり関心を払わなかった僕ですが、その気持ちは理解出来ますし、とても共感を持ちます。先ほど僕が弾き方が決まらず悶々としていた作品は太古の昔、高校3年生頃に作ったものです(勿論テーマのみ)。ですので、成立ちは実に簡単でシンプルこの上ない。今このように作れと言われても無理なのです。敢えてこのテーマを使うのは、その虚飾を排した17歳の自分しか作れなかった旋律を弾きたいという強い思い入れがあるからです。その時に、ジャズのイディオムは少なくともテーマには全く筋違いです。シンプルに作ったときの世界で展開すべきと気が付いたのですね。実際、そういった方向で弾くのは少し恥ずかしい。しかし、試しにDAWに合わせて弾くと不思議なほど堂々した音が出現しました。何度も頷いて(人が見ていたら単なるキチ◎イです、、笑)もう、アレンジを弄らないことにしました。ライブでは恥を捨ててシンプルに、モーツァルトアルベルティバスよろしく弾くということになります。しかもキーがハ長調だし(笑)
うちのバンドはこういうリーダーがやっているわけです。あーでもない、こーでもないと、毎回、指示が代わり、せっかく彼らが用意したり練習したことを変な方向に曲げている場合もありそうです。でも、よく我慢してくれております。トラブルもなく、口喧嘩もなく、実に大らかな良きバンドだと思います。この音楽本意であることと、バンドの広報、運営とは時に歪みを齎しますが、どうもこのユニットは音楽が脳を覆っており他のことは後回しのようです。その辺のことは僕が考えて行かなければなりませんが、とりあえず無欲で音楽を追求するのが最善の策ではないかと思う今日この頃であります。そろそろ英語やった方がいいな、、これは(笑)

名器ステージピアノ・CP-4を作曲に使いたい!

ポイントは音質よりむしろタッチにあり!

CP-4はYAMAHAが満を持してリリースした自信作、現行型のステージピアノということになります。僕は、このピアノをリリースから約2年以上も待って、ようやく(嫁・財務省の許可を得て)購入しました。前任のSV-1が壊れてしまった、、という理由も後押したのですが、大きく重いステージピアノを修理に出すのは、それ相応の愛情があってのことです。以前、同メーカ・P-80を浜松でオーバーホールしていただいたのも、このピアノが本当の相棒だったからです。
楽器店で十分に(過ぎるほど?)試奏してまいりましたので、その弾き心地は分かっておりましたが、実際この「成増山スタジオ」で自分の環境に組込みますと、細かいところが見えてまいります。音楽雑誌や、概要を説明している楽器店サイトでは伝わって来なかった部分。それが自分なりに使い込むことで見えてまいります。小見出しに「ポイントはタッチ」と書きましたがこれは自信をもって言えることです。このピアノの最たる特長はタッチにあります。
音色と表裏一体のタッチは、各メーカが最も苦心しているところだと思います。しかし、そこはピアノメーカであるヤマハ。流石です!「ピアノメーカ」が製造するステージピアノというのは"ひとつの選択要素"として良いのではないかと考えております。ですので、カワイ・ステージピアノも僕としては気になるところです。ところが、これが不思議なことに、生ピと同じ方向で個人的にヤマハの方がしっくり来る。それはおそらく、小4でピアノを始めた、その時からの「お友達・ヤマハ/アップライト」の音が心に刻まれているから、かも知れません。いつもは気難しい自分ですが、こういうことは別です。若い頃「ヤマハ・池袋東ショップ」(残念ながら今は在りません。)でバイトをしていた記憶がありますが、これまた大き過ぎる?過去です。CFX音色ではもはや感じられませんが「CFⅢ」「S6グランド」ですと、どこか本当に微細なところに昔からの、あの音楽教室で耳にしていたグランドピアノの無骨で、語弊を恐れずに言えば「野暮ったい音」そのイメージが在るような気がします。僕はそこに懐かしさと温かさを感じるわけです。「いつもは仏だ、北欧だ、というお前らしくない」と周囲から言われそうですが。しかしピアノというのは自分にとって全く別次元です。幼い頃からの自分が重なってこうしたピアノ選びにも影響を与えるわけです。

さて、タッチの話をしなければなりません。特に中域から高域にかけてのタッチは目を閉じて(僕は目を閉じて弾いていることが多いのですが。)弾いていると、グランドピアノ、フルコンとは言い過ぎですが、間違いなく「C-3クラス」と錯覚するレベルだと思います。それだけのリアリティが在ると言うことです。若干軽い感じがしますが、これは個人的見解で、人それぞれ感触は異なると思います。これは、僕が長年愛用したG-3が特別に鍵盤を重く調整していただいていたので、その差異により軽く感じている可能性があるのです。ニュートラルな整音されたグランドを弾き馴れた音大生さんなどは「こんなものじゃない」と言うかも知れない。そういうことで、このピアノはクラシック対応でも何とか行けそうです。「ピアノは空気を伝わって耳に音が届くのが正しい!」と言われれば、それは正論でしょう。しかし、出来るだけ正確なヘッドホンを直挿しして、きっちりと自分の音に調整すれば、調律もろくにされていないような生ピより数段役に立つというものです。というか、これでもかなり地味にお伝えしているわけでして、実際はその音を聴いていただくのが一番でしょう。

▼なかなかニクい選曲で弾いておりますが、音質に関してはおそらくEQをデフォルトのままで弾いているかと思います。

www.youtube.com

上記デモは、個人的見解からすると少し細身な音です。ご自分の音とするには、筐体の右側に位置しております「5バンド-EQ」を使って自分の音に近づけると良いでしょう。このEQを使わない手はないです。痒いところに手の届いた優れたEQではないか?と思います。僕は、CFXもしくはCFⅢでHIGH MIDを若干上げております。またMIDとLOW MIDIも本当に僅かですが上げております。HIGHとLOWに関してはイーブンであり、ここは上下させることはありません。CFⅢでこのEQを施し、さらにデフォルト設定のリバーブを下げて行くと(僕にとってはこのデフォルト状態のリバーブは少しやり過ぎです。)むしろ、このピアノの生な感じが出て個人的に好むところです。そもそもリバーブ量の多いのは好まない傾向がありますので。こうしてツメて行くと面白いことに以前長く愛用したYAMAHA/P-80の音に近づきます。質感としては圧倒的にCP-4が上を行きますが、実際の作業でP-80、それから次に使用していたKORG/SV-1と比較すると、音的にどうにもならないくらいの差はないように思います。少なくとも自分の音楽で使用し、プログラムしてみた印象においては。
ただ、何が圧倒的に違うかと言えば、重ねて書きますが"タッチ"です。このタッチだけでもCP-4を買う理由として十分だと思います。それだけ弾いていて気持ちイイです。そしてそのタッチと共に出現する音がまた自然な応答をするので、作曲作業などでは自分の想い描いたイメージをトレース出来ているという実感があります。
鍵盤は白鍵も黒鍵も木製であり、おそらくタッチの素晴らしさに貢献している部分があるのだと思いますが、その出音と鍵盤の関係性までの言及は僕の知見の及ばないところであり、申し訳なく思います。
また、木製鍵盤採用でありながら重量を17.5kgに抑えたのは立派です。因に前述のP-80は細長い筐体ながら18.0kgという重量でした。見た目は奥行きがあって重そうですが、なかなかの可搬性です。スイッチの剛性、筐体各部の作りはとても丁寧で、長く使えそうな予感がします。一度や二度の故障があっても修理に出して使い続けるつもりですから、P-80と同じく10年選手となる可能性があります。余談になりますが、このピアノは中古で買いました。しかし、傷は見当たらず、使用感が殆どありません。どなたが売りに出したのかは分かりませんが、勿体ない話ではあります。と同時に感謝しているわけです。僕がコレでもか!!というほどに使い倒しますので、ご安心ください、、と。

〈2017.10.4 記 成増山スタジオにて〉

このように弾きたい理由

f:id:ktg0912:20170929081454p:plain

アップした楽譜は、現在活動している僕のピアノトリオの柱となりつつある「雨の工場地帯」。ドラムの佐山さんの鋭い意見、提案により、最初に作った地点にもどりつつ、しかしそれを退化した形とせず、むしろバンドとして深化させた難しい流れでしたが、良い結果を生んだと判断しております。やたらとキメを設けない。演奏家に任せておく。合奏として合わせなければならないポイントも、楽譜を頼らずアイコンタクトと気持ちで合わせて行く。そして多少のズレを許容する、そしてその許容が音楽の温かさと大きさに繋がる。それはバンドの個性を形成する要素の中でも特に大切なことと思います。ひとりひとりが自信と確信を持って掴み採った音、それは例えズレを生じたとしても聴き手には気にならないものです。僕が今年前半コレばかりであったというECMヤコブブロトリオもそうです。至るところにリズムのズレと、ベースのピッチのズレ等、散見されるわけです。しかし、これを一発録りを行い、そのままOKテイクとする根性(笑)それは、国産の多くのアーティストが、DAWでピッチを修正したり、ミスを削除して一音変更したりとは対象的です。実際、その無用な作業は演奏家であることを捨てていると言ってイイと僕は思う。それなら最初からやり直すべきであり、バンド全体で何度でもテイクを重ねるべきでしょう。後々の修正は音楽家として中心線にある何かとても重要なもの(「姿勢」と言っては言い過ぎだろうか)を無視し、否定してしまっているに違いない。ということで、上記譜面です。右手だけで弾くルール、これは即興で作りましたが、小節線もへったくれもない(笑)どこかフレーズの割り方なのか、精査しつつ練習しておりますが、この即興で作ったものを最初から作曲したかのように自然な形で弾くのは大変難しい。即興でアプローチした時の大らかさ。あまりに自然な流れ、それを再現するというのは、実は相当に無理があるのです。違った時間、温度感、湿度感、自分の精神的なところ。周囲の雑音、環境の変化が、演奏を妨げることとなり、それな似たような音楽性を持たせれば良いのでは?という甘い考えが頭をもたげてまいります。でも、本作のイントロに関しては、どうしてもこの形で行きたい。このワンノートで弾かれるシンプルな旋律には強いハーモニーが内在しており、それはもはや二度とは出て来ない、即興だからこそ偶発的に生まれたイメージの原石のようなものです。聴き手によっては、何だか地味で訳が分からないかもしれない。しかし、僕は本番の収録であってもこのように弾くつもりです。そして、聴く人がCDを繰り返し聴く理由として、このように手をかけたこと、自分の「どうしても」という強い気持ちが根底に在るから、、と信じたいものです。このハーモニーを自然な気持ちで弾けるようになりたい。まるで違うピアニストが弾いた旋律のようではありますが、、。